▶︎社会災害研究センターHP

水害で被災された皆様へ

 水害で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 常葉大学附属社会災害研究センターでは、これまでり災証明書発行のための建物被害認定調査に関する研究や被災自治体の支援をおこなってきました。

 この建物被害認定調査は、内閣府が定めたガイドライン「災害に係る住家の被害認定運用指針」に則って原則として自治体職員による調査になりますが、大規模災害の際には、調査が終了するまで多くの時間がかかります。

 そこで私どもは、り災証明書を取得するために、ご自身でできる建物被害状況の記録の残し方についての解説冊子『建物被害調査のトリセツ —かたづける前に記録を残そう—』を公開し、多くの方々にご活用いただければと思います。

NEW: (2017年7月26日更新)

・建物被害調査のトリセツ「水害編」を公開しました。

みなさまの一日も早い再建と復興をお祈りいたします。

なお、このトリセツに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

 常葉大学附属社会災害研究センター

 sdrc@fj.tokoha-u.ac.jp

 担当:田中聡