嶋野 岳人

環境防災学部/社会環境学部/
大学院・環境防災研究科・准教授

生年月日
学位
専攻 火山学,地質学,岩石学
連絡先
略歴
2003.1
東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻
博士課程 修了
博士(理学)
2003.2-2005.3
東京大学地震研究所火山噴火予知研究推進センター
研究機関研究員
2003.4-2004.5
明治大学文化財研究施設 嘱託職員(併任)
2005.4-2006.8
東北大学東北アジア研究センター 研究機関研究員(講師)
(2006.4-9 教育研究支援者に改称)
2006.9-現在
富士常葉大学 助教授(2007.4-准教授に改称)
2008.7-現在
産業技術総合研究所地質情報総合センター客員研究員(併任)
論文・著書
総説:
  • 嶋野岳人(2006)火山噴出物は何を語るのか.岩石鉱物科学,35,132-143.
論説:
  • Shimano, T., Nakada, S. (2006) Vesiculation path of ascending magma in the 1983 and 2000 eruptions of Miyakejima Volcano, Japan, Bull. Volcanol., 68, 549-566.
  • 嶋野岳人・飯田晃子・吉本充宏・安田敦・中田節也(2005)浅間火山2004年噴火噴出物の岩石学的考察.火 山,50,315-332.
  • 嶋野岳人・小屋口剛博(2001)諏訪之瀬島火山1813年噴火(文化噴火)の 噴火様式とマグマの脱ガス過程,火山,46,53-70.
社会的活動 日本火山学会
日本鉱物科学会
米国地球物理学連合
国際火山学・地球内部化学協会